So-net無料ブログ作成
検索選択

スズメ 巣立ちの朝  [鳥]

      この日は皆で秋吉台に行く事になっていました。

       スズメの親が揃って巣立ちを促していて、
          小スズメも、まさにその気になったように見えた瞬間がありました。
          そのことを告げた私の声で、
              子供たちが急いで窓辺に寄ってきたので、
         親は警戒して飛び立ち、小スズメはひっこんでしまった、という時がありました。

      もう、巣立ちは時間の問題だと思いましたが、
             静かな留守中の事になるのだろうと思いました。

     
R478.JPG




 朝食の準備片づけや、出かける為の用意に忙しかったので、
         窓辺の椅子に陣取って何かしていたお婿さんに
        こういう鳴き声が交わされるのに気付いたら、
            シャッターを押してほしいとたのんでおきました。



       あとで、「 いい写真が撮れたよ。」
          と言っていましたが、私のカメラの設定が悪かったので、
          露出オーバーの写真ばかりでした。

            自動補正しました。




R487.JPG









R502.JPG

          両足がでています。





R512.JPG

              





R513.JPG







R514.JPG

         両親とも餌を持ってきていません。
       双方が、出ておいでと促しているようです。

         二羽共に、なんと優しげな様子でしょう。

   
       もしかしたら、この時までにすでに巣立った子がいたのかもしれないと思います。
        前日競って顔を出していた二羽とは様子が違うように思えるのです。


       留守中巣箱は空になりました。     
  
       巣立った後は、急にさびしくなります。
            さびしいけれど、同時にほっともしています。       

       
       
        

スズメ 巣立ち直前。 [鳥]

R7月28日.JPG

                 7月28日 

    子育て中は、虫を運ぶ方に熱心で、ご飯をねだることはまれでしたが、
      この朝は、ご飯をねだったのでまいてやりました。

     明け方からの雨で虫がとりにくかったのでしょうか。 
 
     しっぽが濡れていました。


R09029にち朝.JPG

                7月29日  


     前日までとくらべると、巣穴からしっかり顔をのぞけるようになりました。
        前回の巣立ちを観察した様子からすると、
     今度の小スズメは悠長だなと思っていました。

    それで、いよいよ今日あたりかな、、と期待感が高まりました。




R097.JPG

     交代で首を出して餌をもらおうと口を開けてまっているのですが、
       この日ゆっくり見ていたおかげで、しょっちゅう顔を出す二羽ともう一羽は
       頬の模様などから、見分けがつくようになりました。

           見分けられると、もうその子らしさも何となく感じられます。





R101.JPG


            




R105.JPG

      押し合いしながら顔を出す時も、キョロキョロ親が帰るのを待つ時も
       どの子もこうやって口を開けたままの時が多かったのです。
        
         顔をのぞけると、孫たちもシャッターを押したりしたので、
           この日はこうした写真がたくさんでした。

    




      それだけに、こうやって口をとじて、外をしっかり観察している時は、
         巣立ちに向けて、思慮深く判断しようとしている知性が感じられました。

R111.JPG

     



R112.JPG







R115.JPG






    親も周りを一生懸命観察しているように見える時がありました。

R142.JPG









R166.JPG







R167.JPG







R168.JPG







R170.JPG










    小スズメが身をのりだしているので、巣穴に捉まりにくくなった親は
     餌やりがたいへんそうでした。
     ホバリングしながら与えたりしていました。

R264.JPG






   

R265.JPG

        こうやってつかまっても、ズルズルすべったりするのです。





R268.JPG

          すべりおちそうになって、おっとっと、と羽ばたくシーンも良く見られました。

          




R269.JPG








          この一連の写真は、親が滑るためなかなかうまく餌を口にいれてやれなかったのか、
          それとも、飛び立たせようと誘っていたのか良く分かりませんでした。
R283.JPG







R284.JPG







R285.JPG








R287.JPG







R302.JPG







R303.JPG







R309.JPG







R310.JPG

            時々、こちらをまっすぐ見ているように思えることがありました。
            
               飛び立ちそうな場面が何度もあるのに、そうしないのは、
                まっすぐ自分たちの方へ向けられているレンズが気になるのだろうか
                  と思ったりもしました。




R375.JPG







R377.JPG







R391.JPG








R404.JPG

        昼下がり、  
           ひたすら、餌を運ぶ親スズメも、
              ちょっと休んで、憩うているのだろうかと思える時があります。
          

        お昼前に孫立ちは、親がフラワーランドへ連れ出していました。

           レンズを覗きながら、こちらも共感を覚えたりしました。




R428.JPG








R439.JPG

          それっ!  と掛け声かけたくなる瞬間が    
      この日、何度あったでしょう。





R7月29日.JPG


           巣箱の中にいる限りは安全そうです。
                何度も何度も巣立ちそうな様子を見せた一日がおわろうとしていました。


      

スズメ 巣立ちは間近かな。 [鳥]

   全て7月26日の写真です。


 先日から、スズメの観察のために、
 庭に面したドアの手前に、望遠レンズを付けたカメラを三脚に据えています。

    
    なかなかレンズを覗く事はできませんが、 
    この日は朝から親が、餌をくわえて枝にじっと止まっているのも見ました。
  餌で誘い出そうとする頃になったのだ、
    もうじき雛が巣立ちそうだと、孫たちにも言ったので、
    雛が巣箱から顔をのぞかせているのを見ると、報告してくれたりします。
 

    
   シャッターを押していると、さっそく男の子が自分も撮らせてくれといいます。
 
        

    子供たちの父親のアドヴァイスを聞かずそれを許したおかげで、
    この日は写真を選ぶのが大変でした。
        
        
    
 一人に許したことは当然皆にやらせないといけません。
     
     
一番下の5歳女の子がレンズを覗いていた時
     パチパチパチパチとシャッター音が続けざまにするので、 
     同じようなたくさんの写真の中から選ぶのは大変なのだと説明すると、
     聞き分けよさそうな顔つきで、分かったとうなずきました。
     そしてほんの一呼吸間をあけると、もう一度シャッターを押してから、
     今のは前のと違っていたのだ、と説明してくれました。


  
   報告を受けても手が離せない時は、カメラの近くにいる大人に
   たのんでシャッターを押してもらいました。
    

R003 8時まえ.JPG








R017 (2).JPG







R025.JPG







R048.JPG

             運び込む虫がとても大きいのにびっくりしました。





R051.JPG

      虫を取って来ても直行しないで、枝の上で思案しているような様子です。





R054.JPG

        そして巣穴から餌をのぞけても、何となくジラしているようにもみえます。





R057.JPG







R058.JPG






R069.JPG







R074.JPG

       ヒナはヒナで、待っている間も、あちこち眺めて
       外の世界を観察しています。






R080.JPG







R081.JPG

         3枚しか載せていませんが、この時ヒナは熱心にあちこち見回していました。






R102.JPG


    あらっ?   巣箱の上にメジロが来てるよ、
    娘がいうので、カメラの側に座っていた夫にシャッターを押してもらった写真です。

    親は追わないよ。どうしてだろうね。
    
    そう不思議がるのは、他のスズメが近づくと、親は警戒音を出しながら、
    木から追い払ったりするからです。


 





R106.JPG


     あとで写真を見て、これは巣立って間もないメジロなのではないかと思いました。
      他に何枚かある写真を見ても、様子が幼いのです。


     娘はスズメの親が頭をかしげるようにしながら、首をのばして、
     メジロを覗いていた時の様子をやって見せてくれました。

     そして、幼鳥だと追い払わないのだという事にしきりと感心していました。
     
      種類が違えば、気にしないということもあるのかもしれませんが、、、。     
     





R121.JPG

       せっせと餌を運んでくる親の気持ちが分かる気がしますよねえ。
       






R128.JPG

  。





R136.JPG







R141.JPG



 
 とても精悍な顔つきを見るとこちらがお父さんなのだろうかと想像します




R147.JPG

        


      面白いシーンを目撃しました。
     
      カマキリらしき虫を捕まえて来た一羽が、
      巣穴からjヒナに分け与えている途中で、
      虫の一部を下に落としてしまいました。

      すると側の枝にいたもう一羽がさっと飛び立って、
      キョロキョロ探すとすぐに拾って、
      下の枝や餌台に止まって、餌やりを終えるのを待っていました。  


R151.JPG







R154.JPG

          色が薄いことからも、多分こちらがお母さんなのだとおもいますが、
                 見上げる様子もいかにも優しげです。          
          





R157.JPG







R158.JPG







R162.JPG

       餌やりの途中でも、虫をくわえたまま飛び立っているのは
          やはり誘うためでしょうか





R1985時半近く.JPG


          この日、場合によっては巣立つかなと思いましたが、
         日が傾き始めた頃まで、だれも巣立ちを見ることはありませんでした。

          
         羽にうっすら夕日を受けながら、餌やりをしている親の後姿を見ていると
         労いたい気がしきりとしました。


スズメ 雛が大きくなったかな。 [鳥]




R027.JPG

              (7月13日撮影)


    、巣材を持ち帰り、中のスズメが出てくるまで葉陰で待機していたようです。
           
        これ以前、中に入ってもなかなか出てこない事があったので、
        卵を交代であたためているのだと思っていました。
       
         口にくわえた巣材を見て、まだ巣作りの段階だったのかと
         それまでの判断を修正します。




R051.JPG

             (7月23日撮影)


        虫を運び込んでいる事は、この数日前から分かっていました。
        その時は、スズメは虫をくわえて巣箱の中に姿を消していました。
        それが今では、こうやってしっぽを出したまま餌をやっているのです。


        雛が大きくなったんだね。

         という事は、あの時は、やっぱりもう生まれていたのかなあ、、、
         ということは、、、

         あれは巣穴の補修してたのかなあ
         巣作りしながら、卵をひとつひとつ産んで行ってた頃だったのかなあ。
        

         
       修正が修正されます。
    
           こんな風に、あとから自分に納得のゆく説明を試みる時などはいつも、
            ずっとみていられたら、もっとよく分かって楽しいだろうに、と思います。



R053.JPG

         餌をやり終えると、一度中に入って向きをかえて
         すぐにまた出かけて行きます。





R057.JPG

      虫をくわえて戻ったところ。





R058.JPG






R059.JPG

        出る時糞をくわえていることがあります。
          雛の糞は、膜につつまれていて運びやすくなっているのだと
          聞きました。 確かめていませんが、
          不思議におもっていたことです。


       先日雛が大きくなっているらしいことが分かった時、
        ちょうど孫たちが巣立ちを観察できるかもしれない、と期待感が湧きました。
         


        数日前、孫たちはその可能性のあるタイミングで帰省しました。

        でも巣立ちどころか餌運びの観察すら儘なりません。
      
         スズメ同様こちらも大忙しです。





ドライブしたサイフ [日誌]

   休日朝から久々に釣りに出かけた夫のお供をした。

   

R002.JPG


   昼過ぎ引き上げる時、
    敗残兵のようだと自分の姿を形容したのは、釣果が思わしくなかったからか。



R019.JPG

      波止場の目の前に見えるちいさな島は
        泳いで渡れそうだ。





R007.JPG

          夫が釣り道具を片づけている間。
         波止場の近くで、写真を数枚撮った。





R008 (2).JPG







R009.JPG

        車に乗りこもうとしたら、私が持っていた車の鍵がない。
          無意識が多いので良くあることだし、だいたいは探せば出てくる。
         身の回りを探しても出てこない時、ちょっと焦った。

             見つけたのは夫だった。

        そうだ、写真を撮るのに邪魔になったので、
                道路際の手近なところに、”ちゃんと”置いたのだった。


        お昼は、ちょっと先のうどん屋さんへ寄って帰ることにした。





R013.JPG

                               走る車窓から。

            この日の空も、どこを見ても雲が素晴らしかった。




         うどん屋さんについて降りようとした時、
           あれっ、俺はサイフをどうしたかな、、
          あれーえ。釣り道具をトランクにしまう時、たしか
           車の上に置いて、、あれーっもしかしたら、、

        と言いながら、出て行った。 


         昔、ご主人のボーナス袋を、車の屋根に置いて
            そのまま走って亡くしたことがあるという友人の話を、突然思い出した。

          失敗談を互いに並べてたてていた時のはなしだ。



       わあーっみてっ!

         夫の声を待つまでもなく降りて行こうとしていたが、
             声に期待感が湧いて急いだ。

R014.JPG

        

       なんと、サイフはガラスに張り付いたようにして
         一緒に5キロくらいドライブして落ちずに付いてきたのだ。


        ちょっとそのまま待って、撮らせて!
            雲を撮ろうと思って持ち出したカメラで、証拠写真。





R016.JPG

            
          私は子供のころから、失敗をたくさん重ねてきた。
          夫は時々、信じられない!と言った風だった。



R017.JPG



     
       
        私はこれまで車の上にサイフを置き去りにしたことはない。
               信じられない!!
            









軽やかな雲を見た朝 [雲]

 その前日も透けるような雲を見てた。
   
   朝のそらを見て、又のびやかな気持ちなった。

R017.JPG







R018.JPG



     夫が留守だったので、朝ごはんの支度もしないまま、
      広角レンズを持って浜まで行ってみようと思い立った。

R057.JPG


      浜に着いたころには光の具合が変わって
           空模様も違って見えた。




R055.JPG


        広い空の雲の様子は、
         風の遊んで行った後を見ているようだった。

    
        今は上空はどんな風が吹いているのだろう、、
         少しずつ形を変える雲を見ながら想像していると、
           生の即興演奏を聴いているように思えた。





R020.JPG

      松林に戻ると、差し込んだ朝日に松葉がつややかに光ってうつくしい。          
     





R025.JPG

       
       若木の低い枝にたくさんついていた青い松ぼっくりを見て、
            パインツリーと呼ばれる訳が実感をもって分かった。




R032.JPG


      松の木陰に、行きには気が付かなかった白いとても小さなキノコを見つけた。
        形も変わっている。
       なんというキノコなのだろう。



R035.JPG







R033.JPG

        小さな茶色いキノコもはえている。






R034.JPG






R036.JPG



     帰りに、団地の下のコンビニで
        機械で抽出するコーヒーを買って帰ることにした。
     
     コーヒーを入れるぐらいは簡単なことだが、
                 ずぼらを楽しみたい気がしたのと、
         いつもと違う風に始まった朝の、
                   何でも良い、続きをしたかった気がする。

       




軽やかな雲を見た夕方 [雲]

     
    夕方、空のどこを見ても雲がでていたが、
    秋の空を思わせるような、その軽やかな明るさは
    懐かしいと思えるほど久々の事だった。




R006.JPG








R009.JPG







R014.JPG








R015.JPG








R005.JPG





台風も過ぎて [雲]

  朝起きた時、カーテンの隙間から差し込んだ朝日の反射が
    目に飛び込んで、なんだかこんな明るさは久しぶりだと思った。
       
        台風を前に部屋に取りこんだ、鉢植えのゼラニウムの作った濃い影が、
          なんだか嬉しかった。

 
R001.JPG








R002.JPG


     お昼頃、見た軽やかな雲





R003.JPG








R004 (2).JPG








R006.JPG


   





R007.JPG

    雲が広がっていても、明るい空だったが、
       台風が去った後の空なのかなと思わせた。







R009.JPG

      夕方、家々が赤く染まって懐かしい色合いの風景をみせているのに惹かれて
        展望台までいってみた。




R010.JPG

          
       、





R012.JPG








R014.JPG

          




 
      さらに雲が染まった頃、もう一度外へでた。


R017.JPG



          展望台への短い道を歩く間に
                心が染まって酔っていた。





R022.JPG








R037.JPG








R038.JPG







R051.JPG









R049.JPG






 

月が出た。 [日誌]

    夜の予定は、台風の為中止する事になるかもしれないと
    前日に言われていた。

    台風の進路がそれて、予定通り出掛ける事になった夕方、
     空一面に広がった雲は、どこでも白い大きな塊を作っていた。

R004.JPG

     
     帰る頃、雲は薄くなっていた。
         

        上空の風はまだ早いらしく
        雲はどんどん形を変えながら月の前を横切った。




蒸し暑かった日の夕暮れ [日誌]

   夕食をとっていたら、暮れてきた空が、何となく赤味を帯びているのに気づきました。

         それも、いつもと少し違った色合いです。

      ちょっと空の様子を見に行こうと、外に出ると、
        西の空には、ぬいぐるみの熊を思わせるような大きな雲の塊が見えました。



R012.JPG




      まだ遠くにある大型台風の影響かと思わせる空の様子でした。



R013.JPG







R018.JPG








R023.JPG








R021 (2).JPG

       水無瀬の辺り





R022.JPG









R024.JPG

        北側の空




        東側は、色を溶かし合って少し明るく穏やかでした。