So-net無料ブログ作成

ヨットの練習 湯けむりにむけて [ヨット]

   10月12日にある別府の湯けむりレースへ向けての練習日
     フォルテッシモJr.とレースをしようという事になっていました。

   集合時間にズレがあったので、
   ブルーノートは艤装を済ませたら10時過ぎ、先に海面に出ました。
 

R011.JPG


     コック長と大師匠は  
     新しいメインセイルのシェイプを観察しているのです。

       バテンの強度の事が検討されていました。


       




R015.JPG


      はじめはいつものコースを走っていましたが、
     フォルテッシモJr.を近くで待つためにもどって、
       湾内の普段はあまり行かないところまで行きました。

      近くで見ると、違った景色が楽しめました。




R021.JPG

        
   フォルテッシモは、メインが上手く上がらないという事で
     手間取っていると連絡がありました。





R023.JPG

       







R028.JPG





R030 (2).JPG

       最近御嬢さんの結婚式でハワイに行った甲板長からは
       お土産話が聞けるかとおもっていましたら、
       ジェットラグのため、寝てばかりいたそうです。







R053.JPG

     
     あっ  鳥がきた! と言う声がして、
      どこどこ、ほらすぐそこ、と言っているうち、
       マストの上に止ったのです。


     イソヒヨドリでした。色からすると雌のようです。

    珍しいなあ。こんな事はじめてだよー。 とコック長も嬉しそうです。




053.JPG

     
        セイルが動いて脅かさんようにせんといけん、、
     
      大師匠の声も楽しげです。



     イソヒヨドリが暫く止った後、飛び立った時は、
            当然もう行ってしまうものと思っていました。
      
      ところがイソヒヨドリは、ヨットの近くをヒラヒラ旋回して、再び同じ辺りに止りました。

      そして、そんなことが数回繰り返されたのです。

           よっぽどここが気にいったのかなあ。
     
           羽をやすめたいのかしら、、

      皆は一斉に上を見つめながら、いろいろ言っていました。   
    
            ブイにぶつからんようにせんと、、、
    
            ほんと、ほんと、

     動いた風見に驚いて、
     飛び立ったイソヒヨドリは、そのまま島の方へ飛んで行きました。 

      
     島のところで、止まらないで飛んでるのがまだ見えるよ。
         
          では、疲れていたわけではないのかな、、と思いました。
            
     



     





R057.JPG


       お昼ご飯を食べる頃、フォルテッシモJr.から連絡があり、
        メインセイルがやっぱり上がらないとのことで、
        では、みんなブルーノートに乗りこんでやりましょうという事になりました。 





R065.JPG


     もちろん一緒に練習しましょうと言う意味だったとおもいますが。




R066.JPG


      お天気も良く気持ちの良い風も吹いて、、、




R074.JPG







R075.JPG







R080.JPG







R083.JPG







R086.JPG







R089.JPG


        こういうモードにすぐなります。




R090.JPG







R092.JPG







R107.JPG







R124.JPG







 
R139.JPG

       ヨットは1年前からという清水さん(右奥)と
       ヨット歴の長い稲垣さんの会話は、
       静かな海の上でも、穏やかな声の響きだけが聞こえていました。

       あとで伺うと、清水さんはダイビングをずっとやってこられたそうです。

        清水さんはヨットとどんな出合い方をされたのかなあと思いました。      
       




R162.JPG







R165.JPG

       フォルテッシモJr.の布田さんが、
      お仕事でしょっちゅうマレーシアにゆかれる事は知っていましたが、
         明日から又マレーシアです。と下りる頃言われた時はビックリしました。

         マレーシアでのヨットレースは何日も続けてあるそうで、
            まだぼんやりとしか想像できませんが、楽しそうです。


R173.JPG

        
       うちは練習しててもすぐセーリングモードに切り替わるからね、、
       とコック長がどこかで言っていましたが、、






R176.JPG


       でも、ちゃんとジェネカーもあげました。



R185.JPG







R188.JPG







R189.JPG


     大きな岩塊の顕わになった黒髪島




R190.JPG

        けずって、階段状になったところに緑が育っています。
        下の緑は崖を這い登っているようにも見えます。





R192.JPG







R197.JPG


           最後はスピンもあげました。
         そして、この日は私もすこしだけスピンをトリムしました。
          長くはできませんが、スピンのトリムは
          風と直接やりとりしている感じがとても楽しいのです。




R199.JPG







R212.JPG

      帰り着いたころの夕日です。
      良く遊んで帰った日の充足感を表したような夕景色でした。



メジロの群れが、庭に来た日のこと [鳥]

    
R282.JPG





    これまで庭に鳥が群れで訪れたことが何度かある。
    

  メジロとジジュウカラ、ヤマガラの数羽の混群が初めて
      ハナミズキの木に来た時は
      信じられない光景をみるようで、夢のように嬉しかった。

         
   赤紫色をした糞が玄関の辺り一面に散らばっていた時があって、
          白っぽいタイルの上で糞は血痕のように見え、
        見た瞬間、大参事を連想したほどに驚いた。
               

    その連想が玄関先の鉢のメダカが襲われたのではという思いへと連なった。
            メダカが無事そうだと分かって落ち着いたら、
          ヒヨがなにかが、群れで鉢の水でも飲みにきたのだろうと、一応の解釈はしたのだが、
              大勢の鳥が玄関先に訪れた様子を、
           なぜか見たように思い浮かべることが出来ても。
               現実的なことと思えず、釈然としないままだ。
              
      
     
        スズメが小さな群れで来るようになった時は、
             撒いたご飯のせいで、起きうる事だと予測もしていたから、
               カーテンを開けた時、おやおやとはおもったが、
                   驚きは格別ではなかった。
             
    
      
    鳥の群れの訪れの中でも  
      四,五日前、初めてメジロが二十羽くらいの群れで庭に来たのは、格別の出来事だった。
        

         二十羽と言うのは、嬉しくて、多く見積もったかもしれない。
       
            ハナミズキやランタナの枝を数羽ずつが
            、入れ替わり立ち代わり行ったり来たりで、
            ちゃんと数えることは難しかった。 

        
        メジロは、ランタナの実をついばみ、
                  ハナミズキの枝をつついていた。

              
        カメラを取りに行く暇にいなくなったら行けないと思い、
             動かずじっと観察していた。
          メジロはいっときもじっとしていなかった。

                 
         
        小さな鳴き声が絶えず聞こえて、
       目の前をひっきりなしに横切って飛ぶメジロの姿が見えていた。
         ランタナの枝にぶら下がり、ゆらゆらゆれながら逆さになって実を食べているのは、
               遊んでいるみたいだ。

        広くもない庭が、楽園のように思えた。     
         

         

          


周南ヨットクラブ例会 [ヨット]

     
    ”ピースカップの反省会も兼ねますが
     夏の終わりにわいわいしましょうが主体です”


   というメールがコック長からメンバーに送られてきました。


   ピースカップレースは9月14日、周南の地で今回初めて開催されました。
       私自身は参加できませんでしたが、
  今回の例会で、レースに参加した人たちからいろいろ話を聞くことができました。



  企画が持ち上がった時、果たして開催までこぎつけるのか
     心配している声も聴きました。

  遠くからエントリーしてくれるヨットがだんだん増えて行ってもなお、
      ちゃんと大会が開催できるのかと言った不安の声すら聞こえていました。

    何でも、初めてすることには、そうしたことがつきものだったでしょう。

R009.JPG

   
    不備な事もあったり、予想外のこともあったりで、、
    運営に携わった人たちは苦労されたようです。


   



016.JPG



   それでもたくさんの参加艇を迎えて、無事終えることが出来たことで、
     みんなホットしているようでした。
  
    「来年は、、、」と、もうそれぞれに反省を生かして
    次の取り組みに向けてアイデアを出し合っている様子を見ると
    とにかく参加したもの勝ち、、と言う風に見えました。





R018.JPG


     新たに加わった仲間もいて、みんなの体験談は
     何を聞いても、その光景を想像すると楽しく、
     中座せねばならなかったのは、集合写真が撮れなかったことと併せて残念でした。




雲の季節 [雲]



R087.JPG






R307.JPG


   
今年の夏は雨が多かったので、
  このところ続いている好天気が殊更うれしい。

  
  秋の空には種類のちがう雲が、空のあちこちに同時に現れたりで、面白い


    風のある日は、すぐに形を変えるし、
      夕方のきれいな色合いも刻々と変わって
  始めに心を捉えた雲が画像として残されることはほとんどない。

  雲を印象のままに撮るのは、まさしく雲をつかむような話に思えるが、
    撮れた画像が、新たに楽しかったりもする。

由布岳の見えた夕方 うろこ雲 [雲]



   夕方、大型ごみを夫に手伝ってもらって出しに行き、
   家に入ろうとしたところで、
   きれいなうろこ雲がそらいっぱいに広がっているのが目に入った。

   家に入りかけていた夫に誘いの声を掛けて、
   一足先に展望台へ向かった。

   
R003.JPG


       
        芝犬のコロの飼い主さんと会話する、夫の声が後ろから聞こえた。

         振り向いて目が合うと、コロは奥さんをひっぱるようにしてやってきた。

       久しぶりの対面で、はしゃいだコロの調子に合わせて、
       少々荒々しい挨拶を交わしていると、
       
       「今のこと、大人らしく落ち着きましたねえ、と言おうとしてたところだったのに、、」
            と夫がコロに向かっていう。

       




R005.JPG


  今日は由布岳まで見えてますよ。   
  
   最近ではめずらしいですねえ。
   




R006.JPG

      
     光る海面を、練習を終えがディンギーが帰ってゆく






R008.JPG

        
        こんな空の下






R013.JPG







R018.JPG











中秋の名月 スーパームーン [日誌]

041.JPG


月が地球にもっとも接近した時の満月をスーパームーンというと聞いたのは
先月の満月の日の朝だった。


その日は、孫といっしょに白玉団子をつくった。
   お婿さんも見ているうちちょっと体験したかったのか、
   子供たちと一緒に、丸めてお湯に落とすのをやっていた。

  夕食後、煮ておいた小豆とお団子と敷物を持って、
   コバルトラインにある萩野平の展望台まで行った。

   眼下に海側の景色がひろがり、背景の山も迫っていなくてのびやかな空間だ。
      余分な明かりもないので 月見には最適ののポイントだったけれど、
         他には誰も来ていなかった。


   まるで計算したかのように、ちょうど月が山の端から昇るところだった。
         まずはお団子を食べた。
        それからゆっくりお月見をした。

    その日は薄い雲が広がったところもあり、
    風に流されて、ときおり月を縁取ったりして、とてもきれいだった。

    お団子食べてワイワイといったお月見になるのかと思っていたら、
     子供たちの声もしっとりとおちついて、夜の空気に馴染んでいた。
         こんなすてきな月見は想定外だった。

    
     
            夜と月のなす業なのだと思えた。




     

2014-09-05 [草木]


夫の用事が済むのを待つ間、
   道端の草を、マクロで覗いて遊んでいました。

R054.JPG






R084.JPG


      おや、こんなところにもバレリーナが、、と反射的に思いました。
      



 朝の雲  [雲]

    雨の日が異常に多かった今年の夏。

    雨が降らなくてもどんよりしていた日が続いた後、
    久々に今日は夏らしく晴れるのかなと、期待が湧いた朝の雲

R020.JPG








R028.JPG



  

上関半島の夕景 [風景]


R004.JPG


    夫が夕間詰めの釣り場に向かっている車から、頭を出して撮った。